2009 年 2 月 のアーカイブ

花粉症

2009 年 2 月 17 日 火曜日

今日は、とても寒いですね。

空気が乾燥して、またまた菌が繁殖しなきゃいいですけど・・・

さてさて、タイトルに書いています様に 私は『花粉症』なんです。

毎年、この季節になると 憂鬱です。

次男を産んでから発症しているので10年程のお付き合いです。

(付き合いたくはないけど・・)

花粉症を緩和出来る食べ物や飲み物を試してみたりするのですが、

結局 5月くらいになると症状が出なくなるので、やめてしまうんですよね。

で、毎年 苦しい思いをしています。

今年は、マスクを毎日きちんと着けていたら随分違う気がします。

今、お気に入りなのは『メガネがくもらない!』ってタイプです。

鼻のところにクッションが付いていて、密着してくれるから花粉の侵入を防げます。

しかも、メガネはくもらないし・・

薬もきちんと服用して、今年も5月まで頑張ります!!

何かいい対策方法があったら、教えて下さいね。

大分YEG講師例会

2009 年 2 月 10 日 火曜日

私は、青年経済人が集まる大分商工会議所青年部という団体に所属しています。

月に1度例会があり、昨晩は講師を招いての講師例会でした。講師は大分県商工労働部金融支援室の伊東室長と大分県信用保証協会の小野部長で、「中小企業に対する金融支援と支援のポイントについて」でした。

銀行は融資先をどの様に区別するか、どの様に社長を見ているかが説明されました。良い会社の社長は、

・自社の強みと弱みを知っている

・社長はいつでも明るく振る舞う(ムツカしい顔をしない)

・自分が率先してやる

・勉強し続ける

・将来のことを自分の言葉で話せる

以上が、この講話で耳に残った(と言うより、耳が痛かった)言葉です。

この社長像に近づける様、精進したいと思います。

西の星

2009 年 2 月 7 日 土曜日

おはようございます。ユニガスの森です。

皆さんは、焼酎はお好きですか?わが大分県の名産に麦焼酎があります。

その中に三和酒類さんの「西の星」という銘柄があります。大分県産の大麦ニシノホシが原料で、とても香りが良く、飲みやすい焼酎です。

その「西の星」のホームページに今月から、大分の食のおすすめレシピが載っています。

その料理の撮影は、実はユニガスのショールームで行われたのです。すごいでしょ!あの三和酒類さんですよ!全国発信の「西の星」にほんの僅かですが関わりをもてるなんて光栄です。

撮影が行われたのは12月でした。ここで実際に料理を作り、撮影し、半日みっちりかかっていました。撮影って大変なんですね。撮影が終わり、出来上がった料理と「西の星」を頂きました。家に帰ってから、先生が作った美味しい「ねぎ料理」(その日はネギがテーマでした)と西の星をお湯割りで頂きました。とても美味しかったです。

ねぎも大分県産、「西の星」の原料も大分県産。まさに地産地消です。

ショールーム 初!!

2009 年 2 月 6 日 金曜日

おはようございます。Raycoです。

昨日のblogでも紹介した様に、ショールームオープニングイベントとしまして

『IKUTA kitchen』の幾田淳子先生の料理教室を開催いたしました。

この料理教室に来れなかった人は・・・大損をしてます!ってくらいの

素晴らしい教室になりました。

まず、先生のお人柄が最高、いや超〜最高!毎日会いたいくらいです。

そして、アシスタントのmanamiさんの素晴らしいアシスト。脱帽です。

 

さて、肝心なお料理ですが・・

1、ブロード(イタリア料理におけるブイヨン)↑上のオレンジの鍋に入ってます。

2、ピッツア(ルッコラやプロシュートをのせてサラダ風に)

3、マーシュと生ハムのサラダ

4、クロスティー二(イタリア風カナッペ)↑上の緑の鍋に入ってます。

5、マンマのティラミス

6、ローストチキン 香草風味 ↓下の写真です。

  ガスオーブンの良さを全面に出せた一品だと思います。焼きムラが全くなくて、

  外はパリっと中はジューシーに仕上がりました!鶏が苦手な私にも食べられたんですよ。

 (友人達は驚くでしょう・・)その位、美味しく素敵に仕上がりました。

  ガスオーブンさん、ありがとう♪♪

 

↓ 下の写真は、先生がスタイリングしてくれたピッツアとクロスティー二。

ガス入り水(炭酸水)も添えて・・ 新婚旅行でイタリアに行った時には、ガス入りの水を飲めなかった

のですが、昨日は美味しく飲めました。きっと、年のせいでしょうね(笑)大人になりました!

とにかく、とってもとっても楽しい料理教室になりました。

最後になりましたが、参加者のみなさんUNIGASショールームの第一歩を作って下さり

本当にありがとうございました。

 

「食卓育」と「炎の素晴らしさ」

2009 年 2 月 5 日 木曜日

こんにちは。ユニガスの森です。

只今正午ですが、隣のショールームからとてもイイ匂いと楽しそうなお喋りが聞こえています。

本日はユニガス料理教室の日で、今まさに教室の真っ最中です。

本日の講師は、福岡市在住の幾田淳子先生です。

先程の先生の自己紹介のお言葉にとても感銘を受けましたので、書き込みます。

「料理は愛情で味が決まります。その愛情は手のひらから波動として出ているのです。愛を持って料理をすれば、美味しいものが出来、夫婦喧嘩をした後の料理は美味しくないものになります。」

「私は今、愛情のある家庭の手料理で子どもを育てる『食卓育』を推進しています。」

「イタリアに行って、火や炎の素晴らしさを改めて実感しました。炎はとても暖かく、人々の心を和ませ、とても温かい生活にしてくれます。」

この様な素晴らしいことばと大分弁まじり(先生は大分出身!)の面白い話で、教室は始まりました。

とても楽しそうです。詳細はまたアップいたします。

節分と立春

2009 年 2 月 4 日 水曜日

昨日は、節分の日でした。皆さんは「豆まき」をしましたか?

ラジオで聞いたのですが、「何故節分に豆をまくかというと、豆を『魔滅』と読み、豆をまくことで邪気を払う意味がある」らしいです。

我家は豆まきはしませんでしたが、愛娘のあいるちゃんは保育園でしたそうです。

夜教えてくれました。「あいちゃんさー、あのさー、鬼さんが怖かったにー。でもさー、豆まいた。」

今日は、立春。春の始まりです。「はる」っていい響きですよね。わくわくします。